本文へ移動

製品情報

スパークプラグはエンジンなどの内熱機関において、ガソリンと空気の混合気に電気的に点火する「ライター」の役目をする装置です。
スパークプラグは四輪車のみならず、二輪車、水上ボート、農業用機械からロケットに至るまで、様々な製品に使用されています。
中でも絶縁体はスパークプラグの品質を左右する技術の要であり、当社のセラミック製造技術が活かされています。
 
絶縁体完成までは機械による自動運搬で従業員への負荷を軽減しています。

製造の流れ

素地工程

製造工程

焼成工程

施釉工程

GS工程

NGKスパークプラグ絶縁体
自動車(4輪・2輪)・汎用エンジン用 スパークプラグ
TOPへ戻る